あらゆる業種にて、スマホ対応が必要とされる ” 理由 ” があります。

 

スマートフォン環境

 

まずは、スマホの全体規模から。

スマホ台数グラフ
2013年3月現在、4千万台程度のスマホが日本国内で契約(推定)されているのですが、これが4年後には倍の8千万台に増えるのです。(MM総研データより)

一人当たり、2台以上にも普及する事になります。
さらに、これまでのデータ解析で、スマホユーザの行動パターンが明らかになってきました。

Googleのデータを集計した数字です。(2013年3月時点)

g3653a
つまり、地域に住むスマホユーザの9割は地域の情報を探し求め、そしてその半分は何らかの買い物をしようとしているのです。

地元名古屋の中の、この膨大なスマホユーザに対して、スマホ集客をすることで簡単にアプローチできるのです。

スマホユーザへのアピール

 

お客様がたくさんいると分かっても、どうやってアプローチするのでしょうか?

広告費を出して集客する方法は、最も即効性があります。

 

では、この広告を出稿するメリットは何でしょうか?
スマホユーザアプローチ1
1人1人にアピールするからこそ効果が上がるのです。

広告に反応したお客様は見込み客一人一人です。

スマホ対応で膨大なユーザに直接広告を出すことで、即日から反応があります。

この反応が、売上アップと利益増強に貢献するのです。

他広告との違い

 

インターネット広告に対して、紙媒体の広告もそれなりの効果がありますが、売上がどれだけ改善するかはやってみなければなかなかわかりません。

どれだけ売り上げがアップするかよくわからないのです。

しかも、広告の成果なのか、どうなのかはっきりしないです。

紙媒体(新聞・雑誌・チラシ)では、20万~30万/月程度の広告費をかけることで一定の効果があるとされていますが、いい時もあればまったく効果が出ないときもあります。

月に1000万以上の広告を出す企業では、アピールできるユーザも多くできます。

これに対して、スマホ集客の広告では、商品に興味を持っているユーザに直接広告することができるのです。

商品の事を知りたいと思っているユーザは、その商品を購入したい、と思っていると言えるでしょう。

また、この商品に興味を持っているユーザが月に何人いるかという事も予測可能です。

決められた広告費の範囲内でアピールする事も可能です。

ですから、広告に対する売上アップ額や利益額も予想がつくのです。

購買意欲が高いユーザに直接アピールして店舗へ来てもらうという仕組みがスマホ集客の広告の仕組みなのです。

このページをご覧になった経営者の方々は、現状を見つめなおしてください。

そして売上UPと利益増強には何が足りていないのか、思い返してみてください。

効果が出やすい業種

 

ここで、スマホ集客の効果が出やすい業種を確認しておきましょう。

特に効果の出やすい店舗系ビジネス

レストラン、寿司、和食、イタリアン、フレンチなどの飲食系店舗

美容、エステサロン、健康増進サロンなどの美容サロン系店舗

士業、コンサル系ビジネス

ビジネスではパソコンでのインターネット広告対応が普及していてライバルも多いのですが、スマホ集客されているところは少ない状態です。

そもそも、士業、コンサル系ビジネスにスマホ対応する必要があるかどうか疑問をもたれるかもしれませんが、以外にもスマートフォンから検索される機会が多いのです。

需要の一部分は、緊急性のある対応を行わなければならないとき、スマホで検索し電話で連絡をとるという場面が発生する時などです。法律関係やトラブル対応など機会があり、検索結果にも反映されています。

緊急性需要の高いビジネス

家のカギのトラブル対応や、家の水漏れや、補修サービスなどお客様がすぐに対応してほしいサービスに直結する業種はスマホからの反応が高くなります。

電話注文や予約を受け付けるビジネス

スマホは電話機です。

この電話機能がパソコンとは大きく異なるところで、電話があるからこそ密接にスマホユーザに浸透しています。

電話で注文が入る可能性のあるビジネスはスマホ集客マーケティングの本領が発揮されるビジネスです。

面談での見積もり対応が必要な業種にもスマホを利用することが可能です。

button