スマホ集客とは

スマホ画面の1番上は集客の特等席です。
年中、がんがん、集客できます。


誰でも出来るので、お店がどんどん参入しています。

ただ、1つだけ誤解しないでいただきたいのは、
最近流行のFacebook、Twitter、Lineを使って集客すると言ったたぐいの話ではないということです。
何年も前からある方法をスマホに応用しただけなのです。

参入できるお店の条件は、
客単価が3000円以上、可能なら5000円くらいの商品がある 又は作れる。
電話でお店の予約が出来ること。資料請求もOKだが電話で営業できること。
リピート客を増やす努力を惜しまない。
この3つが必要です。

少しずつ参入するお店が増えてきました。
しかし年が明けると出遅れ感はぬぐえません。

誰でも出来るので早い者勝ちです。お急ぎ下さい。
お早くお問い合わせ下さい。

button




売れるホームページとは?

綺麗で見栄えの良いデザイン重視のホームページではもう売上を上げられない...

ホームページからの売上げに悩んでいる方は必見!

人々が、何か物を買いたいと思い始めてから、購入に至るまでの思考には、共通のパターンが存在します。

どんな人も物を買う時には特定の基準に従って、「買う」「買わない」を判断するのです。

この基準はほとんどの人々で共通であることが分かってきました。

その基準に訴えかける事こそ売れるホームページの必須条件です。

しかも基準をクリアする条件(オファー)をホームページ上で提案する必要があります。

人々にもっとも訴えかけるホームページを作るには、共通パターン、基準、条件それぞれを人々の思考に合わせて構成する設計力が必要です。

設計して見える化することで最適なホームページ構成が分かってきます。

最適な設計こそ売上を大きく上げるホームページの必要条件なのです。

デザインだけではなぜ売れないのか?

 

「売れない」のでない、「売っていない」のではないか? こう考えます。
何年か前までは人々は何か買いたいと常に考えていました。

実は今もこれは変わっていないです。

基本的に人々は消費したいという欲求を押さえることはできません。

経済が常に成長し続ける原理と同じです。

ですから、ホームページに掲載するだけで売れた時代がありました。

ところが今は、きれいで見栄えが良いページを見つけても、そこから直ぐに購入しなくなりました。

これは、人間の購買思考が移り変わっていることに由来します。

「綺麗」や「かわいい」は右脳で感じ取るイメージです。

これまではイメージに訴えれば簡単に買ってくれました。

買いたい欲求が優っていたから、右脳で良いと思ったら直ぐに買ってくれました。

今、売れない理由とは?

 

でも、現状をゆっくり考えてみましょう。

今は長く続く不況が身に染みている人々が多いです。

さらにインターネットの明暗もわかってきました。

この様な時代には、左脳が優先して働きます。

つまり、まずこの商品が本当に必要か?という根本的な疑問に対して回答を得ようと人はするのです。
では、売るためにはどうしたら良いのでしょうか? >>

 

スマホホームページ

検索キーワードですが、ネット通販のビジネス、店舗ビジネスではすでにPCよりもスマホからの検索流入量が多いという、衝撃的な逆転現象が起こっています。

また一部のネット通販サイトにおいてはスマホの売り上げがPCを追い抜いているというデータがあるという事です。

一時的で一部の現象だと侮っていてはいけません。

大きな潮流が流れを変えているのです。この流れは誰の手にも変えられません。

流れに乗るしかないのです。

つまり、スマホを対象としたホームページを作らないと流れに乗れないのです。

ここでも、デザイン重視のスマホサイトでは流れに乗れません。

スマホの特性に合わせたサイト作りのテクニックが必要な上、購買思考に合わせたホームページ設計が不可欠です。

設計の対応を怠ると売り上げを伸ばせないのです。

 

開発中のスマホ集客システム

現在、弊社ではスマートフォンを使った全く新しい集客システムを開発中です。
「スマホ画面で査定見積」「匿名テレビ電話相談」が売りのスマホ集客システムとなっております。
スマホのテレビ電話機能を利用した集客方法です。

ここは集客市場のブルーオーシャンです。

ご自身の業界で、どのようにスマホテレビ電話を集客に生かせるか、弊社へご相談ください。

また、ご興味が御座いましたら、お気軽にお問い合わせください。