WordPressでBackWPupがバックアップできない

最近SNI SSLを使ったホストサービスが現れてきました。

SNI SSLの最大の魅力は、安い!ことです。

いまキャンペーン中のホスティングサービスでは、年間無料で、SSLサーバーが構築可能です。

それで、SNI SSLのサーバーを試しに導入してみたのですが、WordpressのバックアッププラグインであるBackWPupが動作しませんでした。

どうも、Wordpressに設定されているURLとSSLに設定されているサーバー名が異なっている為に発生するようです。

SNI SSLは共有サーバーで、同じIPアドレスで複数のドメインが登録されているサーバに対して、それぞれのドメインに対してSSLサービスを提供する新しい方式のようです。

今のところ動かないプラグインは、backWPupだけなのですが、他のプラグインにも影響ないか、今後調査するようにします。

解決!

プラグインのサポートフォーラムで質問したところ、作者からこのプラグインを使うように言われました。
You can try this Plugin.
http://marketpress.com/wp-content/uploads/2014/03/backwpup-disable-local-ssl-verify.zip
このプラグインをインストールしたところ無事バックアップできるようになりました。

根本的な解決になっているかどうか判りませんが、バックアップはできました。
SNI SSLはちょっと癖がありそうですね。


 

<Tips わたしのバックアップ方法>
・BackWPupで三日から一週間に一回はバックアップする設定をBackWPupに行う。
・ファイル、プラグイン、データベースをバックアップする。
・バックアップしたファイルは、自分のDropboxにアップロード設定にしておく。
・バックアップの履歴は20回程度にしておき、古いバックアップは上書する設定にする。
(wordpress自体頻繁にアップデートされるのでこれでいいと思っています)
・バックアップデータは、サーバーの移転時に利用します。丸ごとバックアップしているので移転が簡単です。
万が一のサーバーダウンの時にも使えますね。