新規客をゼロから集めて、確実にかつ速く大きくする

ネットスタットは、全くの無からお客様を集める事ができます。

その原理はインターネットにお客様がいるからです。

お客様が集まる場所はインターネットに移り続けています。

売れる理由発見

商品を売る消費者セグメント(インターネット上のかたまり)を確実に見つける為には”売れる理由”を正確に見つけ出す事が重要です.そしてその理由を効率よくアピールする事が基本中の基本です.

磨き上げるアピール

お客様は人間です.第一印象だけでは購入に至りません.同じような商品は無いか?もっと安い商品は無いか?中古は無いか?等自分の気持ち中心で比較検討を行います.ですからお客様にアピールする力は重要です.商品を見せるだけではアピールにはなりません.

速く儲ける

理由とアピールがそろえば売るのは簡単です.しかし速く大きく利益を上げるにはテクニックも重要です.テクニックは多くありますが、難しいのはテクニックだけを売りたい人が多いのが問題なのです.しかも、テクニックにこだわるクライアントも多いです.大事なのは儲ける目標にどうテクニックを結びつけるか?という意思を決定する行動です.

集客から収益までの手順

セグメントが持っているポテンシャルを、調査によって明らかにします.キーワードボリューム(大きさ)は特に重要です.そして競合他社

顧客セグメント調査

セグメントが持っているポテンシャルを、調査によって明らかにします.キーワードボリューム(大きさ)は特に重要です.そして競合他社&他者調査はさらに重要です.自社の商品の強みを合わせて検討する事を3C分析と言います.
3C分析は、Customer(顧客)、Competitor(競合)、Company(自社強み)で構成されます.売るための方法はこの分析で明確になります.しかし顧客セグメントとの対話を行うともっと売れる方法を見つける事ができるのです.そして売上アップで収益増強を継続する方法が分析と実践を繰り返す事なのです.

分析と実践

3C分析は、Customer(顧客)、Competitor(競合)、Company(自社強み)で構成されます.売るための方法はこの分析で明確になります.しかし顧客セグメントとの対話を行うともっと売れる方法を見つける事ができるのです.そして売上アップで収益増強を継続する方法が分析と実践を繰り返す事なのです.
KPI(Key Performance Indicator)は収益を評価する指標です.KPIによる指標は毎月チェックしなければいけませんが、次に何をするかを事前に決めておかないと継続した成長は見込めません.しかし次に何をするか?という意思決定の材料を考え出す事は、普通のマーケッターにはとても難しい事なのです.アイデアがとても重要です.

儲けるための意思決定

KPI(Key Performance Indicator)は収益を評価する指標です.KPIによる指標は毎月チェックしなければいけませんが、次に何をするかを事前に決めておかないと継続した成長は見込めません.しかし次に何をするか?という意思決定の材料を考え出す事は、普通のマーケッターにはとても難しい事なのです.アイデアがとても重要です.

売れる理由発見

インターネットをつかって売れる理由を発見する、これが無いとビジネスが成り立ちません.

継続する発想

インターネットをつかって売れ続ける方法を発想する、継続的な分析と実践の積み重ねです.

ビジネス発展

分析と実践を継続する力が付けば、ビジネスを大きくする事ができます.大きくする方法はいろいろあります.一緒にビジネスを発展させていきましょう!

line_css

動画テンプレートテクニック

たった5秒で変えられる!

動画ビデオの最初の5秒はとても重要です.以外なテクニックで、その5秒が注目され、動画を続けてみてもらうことが出来ます.

筋道

コンバージョンに至るストーリテリングは特に重要です.ただし、入れ込みすぎないように気をつけましょう.

人が重要

通販番組でも人が実際に説明し話している番組はよく売れています.容姿や声にコンバージョンの優劣はありません.俳優や声優の容姿と声は必要ありません.とにかく人を活かす動画テンプレートが重要なのです.

マーケティング実践テクニック

A/Bテスト

ランディングページをいきなり変更するのは怖いものです.でもA/Bテストを導入するだけで効果を実感できるでしょう.

低コスト

マイク(音声)とライト(照明)には、最低限のコストが必要です.しかし、衣装や化粧にコストをかける必要はありません.いかにテンプレート通り、声を出せているか!、伝わるようにメッセージを出せるかが重要です.そう、あなた自身がビデオで商品をコンバージョンさせることが重要なのです.

スマホ向け対応

やはり今の時代はスマホを外しては、売上の60%以上を落としてしまいます.これは事実であり原理なので諦めて受け入れてください!そしてスマホ向けに動画を構成するランディングページが特に有効です.

弊社のクライアント各位

お問合せ